越谷 はかり屋 | こだわりが凝縮された古民家複合施設

moriです。

今回は地元越谷のお気に入りの場所、はかり屋をご紹介したいと思います。

今年春に生まれ変わったこの場所は地元でもまだ知らない人が多いのではないでしょうか。

はかり屋 とは?

旧日光街道沿い、明治38年よりおよそ120年間にわたって越谷のまちを見つめ続けてきたお屋敷、旧大野邸 秤屋(はかりや)。2018年春、こだわりのショップ、レストランを備える古民家複合施設「はかり屋」として新たに生まれ変わりました。はかり屋HP.より引用

引用通り複合施設施設で7つのスペースに分かれています。

ショップリスト
TURUTO ギャラリーショップ
欅組 建築会社(サテライトオフィス)
modest レストラン
minette キッシュのお店
yururi リラクゼーションマッサージ
naya クリエイティブスペース
green bucker 植物のお店

まとめるとこのようになっているのですが、どのスペースもこだわりとコンセプトをしっかり感じます。

暖簾をくぐり中へ

中に入ると石畳が続きます。

中庭を通り抜け1番奥のgreen buckerへ。

こちらは植物とテラリウムのお店。

テラリウムは、ガラスなどの透明な容器にグリーンや季節の素材を寄せ植えして作る、おしゃれなインテリアグリーンです。green buckerより引用

僕が行った日はドライフラワーが沢山ありました。

今我が家はドライフラワーと緑が沢山あるので季節が変わるタイミングで一気に買いたいところ。

帰ってから思ったけれど自宅の植物を入れる用のテラリウム容器を買えば良かった、、。

naya

お隣nayaは日替わりのスペース。
この日は遊佐農場さん野菜が並んでいました。

沢山試食させて頂いて気づいたら結構買ってましたね、、。

こだわりの越谷産、無農薬野菜は必要最低限の調味料で本当に美味しく。この緑なすはとろけるような口触りで是非お試し頂きたいです。

次の週にも通って食用のほおずきも買いました。
食べた事ある方、あまりいないかもしれませんが甘くて美味しいです。

店主の方もとても気さくな方なので、頼んだら出してくれるかもしれません。笑

minette

ミネット、キッシュとフレンチ惣菜のお店。

原産地や四季の素材にこだわり、最適な調理法で提供されるキッシュはとても食べ応えがあります。

また室内にはフランス家具と小道具。
BGMも心地良くとてもゆっくりした時間を過ごせます。(ここで記事書きたい)

もちろんキッシュもとても美味しかったです。

食感はサクサクしていて、そんなにもりもり具材ではありませんでしたが、野菜の甘みなどをしっかり感じました。

次の週にも食べに来ましたがその日はお休みだったので、行かれる際は1度チェックして行くのがお勧めです。

TURUTO

最後に楽しみにしていたTSURUTO。

日本の和の美学をコンセプトにしたギャラリーショップ
わたしたちTSURUTO(つると)は、伝統的価値に現代の感性を吹き込み、和の新しい姿を表現し、次の世代に継承していくことを目指しています。はかり屋HPより引用

行った火はまだ準備段階だったようで開放されておらず、
8月中旬にプレオープンされるようです。

詳しくこちらのはかり屋HPを見て頂きたいのですが、とにかくiai、やmathouなど和テイストの衣類が好きな僕にとっては最高な空間だと思って楽しみに待ち侘びています、、。

展示もカッコ良さそうな雰囲気がぷんぷんします。

その他のマッサージ、レストランには今回は行きませんでしたが、
両方予約して必ず行きたいです。

越谷 花田苑 | 能楽堂 写真多めでご紹介

近辺にも新しい風が

越谷にこんなにこだわりのある複合施設ができるとは思っていなかったし、とても嬉しいです。

はかり屋にサテライトオフィスがある、欅屋さんが改築されたカフェ803さんも同じくここ旧日光街道にあります。

このお店もイベントや、レンタルキッチンスペース、また作家さんの作品が少しあったりと発想が新しく、中も広々としていて居心地のよいカフェです。

 

さらに人目の付かない場所に
まちづくり相談処 なる場所がありました。

江戸時代末期から佇んでいた蔵を蘇らせ、現在は名前どとりまちづくりの相談所として、またカフェも営業しており、スペースシェアリングの機能もあります。

カフェやスペースシェアリング利用できる日が限られているようだったのだ、こちらのまちづくり相談所HPよりご確認下さい。

終わりに

 

今回ははかり屋をメインでご紹介しました。
こだわりのお店だけが集まっていて、居心地も雰囲気な好きな場所になりました。

ご紹介したお店以外にも越谷には密かにこだわりのあるお店が増えてきています。

最近できるお店のは1つの枠に囚われないお店が多く、枠に囚われないお店は様々な動きがあるので毎度楽しみがあります。

今後もiro-iro-blueでは地元越谷の情報を始め、埼玉県のこだわりのあるお店やモノを紹介していきたいと思います。

ありがとうございました!

越谷 花田苑 | 能楽堂 写真多めでご紹介

【ファッション好きにお勧め】越谷レイクタウンのアウトレットをご紹介 

埼玉県蒲生の住める新スポット 蒲生WAnest|ワネスト 

【越谷が誇る名店カフェ】- オルガンモールと日々を –

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください