サクッと地サイダーを紹介

­moriです。

サイダーが似合う季節です。

越谷レイクタウンのBetter Livingというお店は地サイダーや他にも関東では見ないドリンクが豊富で近くを通ると良く買っています。


Better Livingより

地サイダー

地域によって様々あるようでその歴史は長い物も多く、こだわりのあるものも多いです。
水は地元の天然水、砂糖、塩も地元の物や上質なものがひっそりと使われています。

中でも友桝飲料は1902年(明治35年)からの老舗飲料メーカー。ほんわか かわいいデザインが多く(wedサイトもほんわかかわいいです)唯一好きな飲料メーカーです!


友桝飲料より

湯あがり堂
友桝飲料より

n.e.o

友桝飲料より

ちなみにこのn.e.oのジンジャーエールは結構ガチジンジャーでジンジャー好きにはかなりお勧めです。

僕は中々の冷え性何で分かりやすいのかもしれませんが飲んだ瞬間から身体がポカポカしてきます。

塩サイダー&温泉レモネード

 

塩サイダー

石川県の能登町の塩サイダー。

2014年にモンドセレクションで金賞を受賞している実力派。

Ante オンラインショップより

このサイダーは口の中に含んだ時のシュワシュワ感が癖になります!このサイダーにしかない癖で泡が口の中で広がる不思議な感覚がします
塩味は後からほんのりくる程度なのでしつこくありません。

温泉レモネード

こちらは長崎県雲仙市のサイダー。

お酒のひょうたん屋さんより

地元で湧き出る天然水、上質な砂糖と地元で取れるレモン果汁が使われています。
レモン果汁はほのかに香り甘さ控えめのあっさり系サイダーです。
レモネード感はやや薄めの美味しいサイダーです。

まとめ

今回紹介した地サイダーはコンビニ買えるサイダーよりやや値段は高いですが味、デザイン、原料、後味、お腹での残り方も変な甘みも残らず良いです。

値段に関係なくこだわりのあるものに満足する事が多いです。

是非サイダーが似合う夏に飲んでみて下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください